アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
コラム一覧タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > コラム一覧 > 広部玄のイケイケ

広部玄のイケイケ
バックナンバー 
2004年08月27日付紙面から

テロ警戒でとばっちりイスラム教徒

 アテネのイスラム教地区では、モスク(イスラム寺院)がない。五輪前、郊外に建立予定だったモスクは地元住民の猛反対でとん挫した。中心部の建設も政府が許可しないという。教徒は雑居ビルなどの一室を「仮設モスク」にしているが、テロ対策の厳重警備の中、とばっちりを受ける形で、いまだに連日警察の尋問を受ける日々という。

写真  アテネ中心部「シンタグマ広場」から北西に約1キロ。ソフォクレス通りに来ると、商店の看板にアラビア語が目立ち始める。この付近がパキスタン、バングラデシュ、イラク、エジプトなどの人々が多数集まるギリシャ最大のイスラム教地区。ここの雑居ビル3階に、小さな「仮設モスク」を見つけた。

 アテネ周辺には約10万人のイスラム教徒がいるとされるが、いまだ大型モスクがないという。3階の奥にある部屋をのぞくと、10畳程度の狭く殺風景な部屋で、肩を寄せ合い、床にひざまずきながら約10人が礼拝中だった。

 バングラデシュ人のリーダー、ラシートさん(40)に聞いた。みな目が鋭い。思わず「ここにはイスラム過激派テロリストは本当にいないの?」と聞いた。「いない、いない。イスラム教徒はテロなんかしないよ」。それでも警察からは期間中、まだ徹底マークされているという。「警察はよく来る。今日もここに来たばかりだ。全員が名前、住所、職業などを毎回質問され、何度も調査票を作られるんだ」と苦笑した。

 実はこの「疑念」がモスクを造れない大きな理由という。まず政府は、五輪までにアテネ中心部から東に約10キロ離れた郊外のペアニアに大型モスクを作り、そこにイスラム教徒を集めてしまう計画を立てた。だが地元住民が猛反対。さらにイスラム教徒も「遠い」と反発し計画は中断した。

写真  一方、イスラム教徒側は、アテネ中心部に自分たちの資金でモスクを造ろうとしたが、政府が許可せず夢のモスク建設は宙に浮いたまま。「政府は『違法』と言って建てさせてくれない。われわれには何の問題もないのに!」(ラシートさん)。

 ペアニアまで車を飛ばした。建設予定地周辺は、確かにまだ草原のまま。地元中年男性は、ほぼ一様に「この辺はギリシャ正教の教会が多い。モスクができて、イスラム教の政治活動の中心地になったら大変なことになる」。

 ソフォクレス通りに戻り、パキスタン人とお茶を飲んでいると、すぐ10人近く集まった。みな「われわれの間にはトラブルもない」と真剣に訴えてくる。五輪が終わっても、問題は長く尾をひきそうだ。

写真=アテネ市内にある雑居ビル内の狭い「仮設モスク」で厳粛に礼拝するイスラム教徒ら(上)アテネ市内のイスラム教地区には、アラビア語などの看板が目立ち、異国の雰囲気(下)




前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。