アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
コラム一覧タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > コラム一覧 > Dr,平石貴久のアテネを診る

Dr,平石貴久のアテネを診る
バックナンバー 
2004年8月24日付紙面から

レース1週間前に1度糖質断ち

 近年、マラソンはどんどんスピード化し、特に女子にとっては最も過酷な種目となった。優勝した野口さんは身長150センチ、体重41キロの小柄な体であり、レースへのコンディショニングは、困難を極めただろう。

 単純に計算して体重41キロの女性が体内に蓄えているエネルギーは480キロカロリー。特に準備をしなければ約9・1キロでスタミナは枯渇してしまう。完走するには、特別なコンディショニングでレースに臨む。

 高橋尚子選手は、1回でステーキ450グラムを平らげるなど平均4500キロカロリーは食べる。毎日20キロ以上走りこみ、高脂肪と高タンパク食を徹底する。

 長距離選手のレースでは糖質(ご飯やパン、じゃがいもなど)が最も大切なエネルギー源で、レース1週間前に「グリコーゲンローディング法」というコンディショニングを行う。つまり普通通りに食べていたら、糖質は食べた分100%しか体内に貯蓄できない。

 しかし、レース1週間前から糖質ばかり食べると約120%まで増やせる。しかし、まだまだ足りない。そこでレース1週間前に2、3日ほとんど糖質を食べず、体内の糖質を使い切ってしまう(ウォッシュアウト)を行う。その後の5日間、一気に糖質ばかり徹底して食べると体内には一気に170%まで増える。

 女子マラソンにはまだまだ課題が多い。近年コースは、ほとんどコンクリート道路で靴と体重は大きなポイント。元五輪代表の増田明美さんは、かつて優勝したレース終了後の検査で8箇所の疲労骨折が見つかったと聞く。足裏で赤血球を破壊したり、筋肉内での溶血などスポーツ貧血も起こす。女子にとってのスピードレースはまさに身を削っている。

 小柄な野口選手は体が小さい分、外国人選手に対してハンディがある。暑いアテネはもっとも過酷と思われた。彼女の努力と忍耐がもたらした金メダルである。(平石クリニック院長)

平石貴久(ひらいし・たかひさ)1950年11月4日、鹿児島県生まれ。東京・六本木「平石クリニック」院長。専門は内科、スポーツ医学など。サッカー、野球、陸上、ゴルフ、格闘技など多岐に渡る種目で選手、チームの健康管理を担う。



前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。