アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
コラム一覧タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > コラム一覧 > Dr,平石貴久のアテネを診る

Dr,平石貴久のアテネを診る
バックナンバー 
2004年8月23日付紙面から

40度超える炎天下の球場、硬水飲むナイン心配

 21日午前10時半に始まった野球の台湾戦は炎天下の戦い。スタンドは40度を超える暑さで、アルミ製のいすにはじっと座ることも出来ないほどだった。

 試合は後半日本が追い付く熱戦で、選手たちは、滴る汗をふきながら守備に就いていた。観戦しながら1つの心配事があった。それは選手たちの給水だった。

 アテネで多いミネラルウォーターの内容は1リットルあたりカルシウム68・2ミリグラム、マグネシウム8・2ミリグラムとかなりの硬水。冷えていればいいが、生あたたかくなると日本人にはおいしい水とは言えない。長期間飲むと体重のロスも心配される。

 選手たちも同じものを、そのままボトルで飲んでいた。少量のナトリウムが含まれ悪くはないが、これではエネルギー補給にならない。延長10回でサヨナラ勝ちしたが、長期戦になれば勝負は分からなかった。選手の疲労を抑えるためにも、ドリンクを作るなど工夫して摂取すべきだと思う。

 競技中の給水として適しているのは糖分3・5%、水温6〜13度。1回に飲む量は200cc、15分に1度。1度に200cc以上飲むと、体が重くなってプレーの質を落とす。暑いアテネならば6度に冷やして、冷たさでノドの渇きを抑えればいい。

 また、市販のスポーツドリンクは糖分7%もある。スポーツドリンクを利用するなら、半分に希釈することを勧める。

 同日、男子サッカーのイタリア対マリを観戦した。両チームとも、あまり給水をしていなかった。後半に入りイタリアは少しまめになったが、マリは変わらず。かなりの接戦で、選手の負担は大きかったと思う。延長後半にはマリ選手の足は止まり、イタリアのサヨナラゴールを生んだ。

 スポーツは科学。選手のコンディションで勝利の行方は変わる。暑い環境でのスポーツはケガや熱中症を予防するためにも、細かい水分の補給が重要なポイントになる。(平石クリニック院長)

平石貴久(ひらいし・たかひさ)1950年11月4日、鹿児島県生まれ。東京・六本木「平石クリニック」院長。専門は内科、スポーツ医学など。サッカー、野球、陸上、ゴルフ、格闘技など多岐に渡る種目で選手、チームの健康管理を担う。



前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。