アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
コラム一覧タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > コラム一覧 > Dr,平石貴久のアテネを診る

Dr,平石貴久のアテネを診る
バックナンバー 
2004年8月20日付紙面から

赤血球でわかる松坂の勝負強さ

 五輪は重圧との戦いでもある。野球のエース松坂くんが宿敵キューバ戦で頼もしい限りの好投を演じた。彼の勝負強さの理由は、いったいどこにあるのか? 私は彼のプロ入り以来、血液検査で分かる強烈な個性に注目してきた。

 一般血液検査の1個当たりの赤血球の大きさを示すMCV(平均赤血球容積)は正常値が84から110fl(フェトリットル)。人はストレスを受けると赤血球は大きくなる。つまり、この数値が大きいと重圧を感じており、小さい方がストレスに強く本番に強い。

 ラグビーやサッカー、格闘技の選手は練習時からケガの危険性も高く、常にMCV98以上と高め。重圧を受けたボクサーなどは100を超えることもある。巨人清原さんは通常95前後だが、絶好調で気合が入ると92に下がる。ただ、日本シリーズ直前は、さすがの番長も98まで上がる。

 私のクリニックでは、年間8000人のアスリートの血液検査をしている。ベストはMCV85から87。それはメッツ松井稼、巨人桑田、ゴルフ丸山、片山、ハンマー投げの室伏、ボクシングの元世界チャンプ畑山ら。その中でも、ずーっと1位を維持しているのが松坂くん。彼は大試合の時もMCV85を保っている。重圧に強いはずである。

 選手をコンディショニングする際は、なるべく中身が濃く(鉄分や酸素が十分)、毛細血管の隅々まで入り込む小さな赤血球を作る。パフォーマンスの向上はもちろん、ねんざや肉離れなどケガの予防にもなる。野球で言えば、先発向きかストッパーか、サヨナラ安打を打てるタイプかもMCVにかかる。

 MCVの改善には日ごろからたっぷりの鉄分、ビタミンC、Eを含んだブロッコリー、小松菜、しそ、パセリ、かぼちゃ、にら、トマト、ピーマン、焼きのり、昆布、せん茶、ナッツ類、サプリメントなどを摂り、気持ちの切り替えを上手にすることがポイント。さっと寝て、さっと起きる習慣も大切である。

 重圧に勝った松坂くんの快投と大歓声を、私は一生忘れないでしょう。(平石クリニック院長)

平石貴久(ひらいし・たかひさ)1950年11月4日、鹿児島県生まれ。東京・六本木「平石クリニック」院長。専門は内科、スポーツ医学など。サッカー、野球、陸上、ゴルフ、格闘技など多岐に渡る種目で選手、チームの健康管理を担う。



前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。