アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
コラム一覧タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > コラム一覧 > 後藤新弥のDAYS' 

後藤新弥のDAYS'
バックナンバー 
2004年08月17日更新

躾(しつけ)の美しさ

<体操ニッポンの金メダル、懐かしき味>

 日本時間17日。朝の5時半を時計が回る。

 体操は最後の鉄棒になった。

 中国がふてくされたような演技をした。中国らしくない。強い、弱いは時の運。負けっぷりがよくないのは、未来を暗示する。

 ルーマニアも米国も、ミスが出た。着地の失敗などの大きなミスだけでなく、細かな技に、失敗が多い。これだけのプレッシャーを受ければ、仕方がないのだろうか。それが当然なのだろうか。

 けれど、本当に強い選手は、「重圧を受けたら、本来の100%ができなくなることもある。8割でも勝てるように」人の何倍もの練習を重ねる。

 現代の体操は、もはやそのような習熟を許さないレベルに達しているのだろうか。だとすれば、日本にも、あまりチャンスはない。

 7位でスタートした。じりじりと順位を上げたが、まだ追いつかない。5種目目の平行棒を終えて僅差の2位。しかし3位の米国が追いつめてきた。すべてが、日本3選手の演技にのしかかってきた。

 とても、「3人ともノーミス」でこの難局を切り抜けることは、できないように見えた。万が一切り抜けたら、劇的な金メダルなのだが。

 胸を圧迫される思いで、米田の演技を見た。クリア。次は鹿島だ。9・825。さらに冨田が、9・850。合計29・262。ルーマニアを逆転するには28・574で十分だった。勝ったのだ。

 ルーマニア勢はさすがに失望の色を見せたが、3人ともノーミスという完ぺきさに、米国勢は「かなわないよ」とでもいいたげに、笑い、そして拍手した。ライバル、脱帽だ。

 「心理的に影響されるから、ルーマニアの演技は見ていなかった。重圧はもちろんあったが、自分の演技をミスなしでやり通すことだけ考えた」。テレビ朝日の番組(スーパーモーニング)内で、現地の選手と話す機会があったので「その瞬間」を聞くと、富田はそう答えた。

 日本の団体優勝は、実に7大会28年ぶり。この前勝ったのはモントリオール五輪だった。

 勝ったこと自体も評価したいが、勝ち方が懐かしい。

 ルールの変化の波に翻弄されたと言えばそれまでだが、モスクワ五輪(不参加)以降の日本はそれまでの「基本の基本に忠実に。その土台の上に立って独創的な技を開発し、習熟する」日本のパターンを崩してしまった。

 へんな言い方だが「大技」へ逃げ、他の強豪と同じように、パフォーマンスで勝とうとした。かつての名選手で今はジュニア指導の遠藤幸雄氏は「大技も必要だが、それを練習の積み重ねで確実にしたとき、初めて美しさが生まれる。そこまで習熟する練習の積み重ねが、なくなった時代だった」と話していた。


 土壇場での精神力の強さ。集中力。それこそ日本の持ち味だ。

 北島の金、谷の金、野村の金、内柴の金。メダルの味はそれぞれ違うが、今大会の体操団体金メダルは、そのなつかしい「日本の味」がする。

 ミスをして不思議はない状況でも、絶対にミスしない。個人の種目別ならこれをやるのだが、しかしチーム戦ではノーミスを優先する。そういう断固たる決意が、チーム全体にあった。

 そうした精神面の強さは、むろん基本重視と、練習にあった。基本とは、例えば手の握り方、輪の持ち方、倒立の姿勢、足先の向きといった基本の基本だ。体操の躾(しつけ)である。今回のチームは、ジュニア時代から「パフォーマンスより、まず基本」をいやというほど仕込まれてきた。どんな時でも、どんな「軽い練習」でも、きちっとした基本を求められた。その土台に立脚した練習の積み重ね、技の開発努力だった。

 いまでは躾という言葉は大切にされなくなったが、自由奔放だけでは、真のチャンピオンは生まれない。

 土壇場の重圧で頼れるのは、結局その「基本という土台」の確かさなのだ。

 支え役として見事な仕事をした最年長27歳の塚原は、「最初の演技では、頭の中が真っ白だった」と、その緊張ぶりを悪びれずに告白した。真っ白になってもあれだけのことが、なぜやれたのか。

 スポーツの真髄を物語る、核心部分がそこにあった。

 他の競技にも、参考になることだ。

 例えば女子バレーボールには、そういう「確たるもの」ものが、まだチームとして存在しない。そういうことは、日本での「アテネ行き切符獲得」の騒ぎをみただけで、心ある人なら当然分かっていたことだ。本番での苦戦は当然で、柳本監督は次の北京大会に何が必要か、痛いほど理解しているに違いない。


著者の言葉
 ご愛読に感謝申し上げます。すべてにご返信ができないため、整理の都合上、nikkansports.comの本欄、マスター及び筆者個人アドレスでは、コラム内容に関するご感想などのEメールは、現在すべて受付を中止しております。お詫び申し上げます。下記にご郵送ください。
 また、他ページ、フォーラムなどへの転載は、引用を含めて、お断りします。ご協力に感謝いたします。
 【郵送宛先】 郵便番号104・8055 日刊スポーツ新聞社 編集局 後藤新弥

著者プロフィル
 後藤新弥(ごとう・しんや) 日刊スポーツ編集委員、58歳。ICU卒。記者時代は海外スポーツなどを担当。CS放送・朝日ニュースターでは「日刊ワイド・後藤新弥のスポーツ・online」(土曜深夜1時5分から1時間。日曜日の朝7時5分から再放送)なども。
 本紙連載コラム「DAYS’」でミズノ・スポーツライター賞受賞。趣味はシー・カヤック、100メートル走など。なお、次ページにプロフィル詳細を掲載しました。
【 詳細プロフィルへ

前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。