アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
コラム一覧タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > コラム一覧 > 後藤新弥のDAYS'
2004”N08ŒŽ17“úXV

後藤新弥のDAYS'
バックナンバー 
2004年08月04日更新

父と子の笑顔

<町の陸上競技会で撮った一枚の写真>

 この男は無愛想で、もしかしたら生き方も不器用で、でも実直で、それが陸上競技にも現れている。

 仮にIさんとしよう。

 Iさんは普通のサラリーマンで、普通のアマチュアの陸上競技選手だ。

 香川県出身で、働き始めたときは今より10キロは太っていて、それでも100メートルを走ると抜群に速かった。筋骨隆々。蒸気機関車が駆け抜けるようで、併走すると怖いくらいだった。  仕事も忙しくなり、競技を優先する生活は出来なくなったが、それでもなるだけ地元M市の競技会には顔を出す。高校時代から得意種目は砲丸投げで、練習時間がとれなくなると、短距離走からは遠のいた。

 家庭を持ち、息子も出来た。アスリートにとっては一番苦しい一時期でもある。


 8月1日、東京都の市町村総合体育大会の陸上競技が小平で行われた。

 Iさんは、競技開始が早まったのを知らずに、もう最終コール(選手招集)が終わってから、やっとやってきた。仲間達はやきもきしたが、本人は別にあわてるでもない。こういうこともある、といった風情で、ゆっくりと砲丸をタオルで磨き、試投して、そのまま無言で競技を始めた。

 砲丸投げを練習する場所はない。

 陸上競技の困ったところは、長距離はロードでも練習できるが、幅跳びや高跳び、ましてや投てき種目は、どこかの大学や実業団にでも入っていないと、やる気があっても日常の実技練習はできない。

 従って、「試合だけが実技練習」という人も少なくない。その分、日常で何をやるか、どう体を仕上げるかが、カギになってくる。Iさんもまた、夜中に走ったり、土日の筋トレに汗を流す1人だ。

 Iさんはそういうことに弱音を吐かない。もともと無口で、言い訳をしたり、自慢したり、くどくどと自分の練習や結果を仲間に説明したりもしない人だ。

 その代わりに結果は雄弁だ。

 無関心なような表情とは裏腹に、フォームは豪快で、しかもキレがあった。鋭さもあった。

 砲丸投げは心理的な要素が非常に強いスポーツだが、Iさんはみじんも緊張を感じさせず、淡々と投げた。まるで野武士のようだった。

 そして、優勝した。9メートル94。自己ベスト10メートル56には遠く及ばないが、しっかりと投げきった。

 笑いもせず、うれしそうな顔もせず、かといって傲慢でもなく、何事も起きなかったような表情で仲間の所に戻り、無言で着替えを始めた。


 Iさんの奥さん賀代子さんと3歳の息子さんの海睦君が遠慮がちにやってきて、みんなに挨拶した。Iさんは、照れながら息子を呼んだ。みなが、「金メダル、見せてやれよ」「かじるかな」などとはやし立てた。せかされて、Iさんはつまらなそうに、もらった金メダルを子どもに見せた。

 人前で自分のメダルを出したことなど1度もないのに−−貰えない仲間への配慮かもしれない−−坊やが興味を示すと、ケースから出して子どもに渡した。子どもがいじり始めて、食べるしぐさをした。回りがけしかけるので、子どもは恥じらいながらそれを口にして、かじった。

 そのときだった。あれほど無表情だった旗本退屈男のようなIさんが、「どんな味だ」と、笑ったのである。

 自分が金メダルを貰ったこと自体、全然うれしくなさそうだったが、子どもがそれをかじった途端に、本当にうれしそうに、満面に笑みを浮かべたのである。「父親の笑顔」でもあり、彼自身が子どもに返ったような「子どもの笑顔」だった。なんだよ、こいつ、笑うこともあるのか。みながそういう顔で、ちょっと驚いて、でもつられて一緒に声を上げて笑った。

 五輪に比べれば、あまりにも小さな大会だ。

 けれどそこで見た、一瞬のIさんの笑顔は、どんな金メダル・シーンにも匹敵するものだった。僕は胸を打たれた。僕は100メートル4位だった。土のトラックでの13秒4は悪くはないが、ハッピーでもなかった。でも、彼の笑顔を見た瞬間に、自分も「スポーツの本質」の金メダルを分けてもらったような気がした。


 そのとき、撮ったスナップ写真。

 真夏の日射し。木々の臭い。しゃれっけのないメガネ。そして額の汗。懐かしい「父親」がそこにいる。

 世界から見れば、小さな町の小さな競技会かもしれない。けれどアテネ五輪に本当に期待するのが、こういう場面だ。五輪を支えるのは、こういう笑顔なのだ。


 ちなみにIさんは三鷹陸協所属、日本無線勤務の岩本正久さん、26歳である。


著者の言葉
 ご愛読に感謝申し上げます。すべてにご返信ができないため、整理の都合上、nikkansports.comの本欄、マスター及び筆者個人アドレスでは、コラム内容に関するご感想などのEメールは、現在すべて受付を中止しております。お詫び申し上げます。下記にご郵送ください。
 また、他ページ、フォーラムなどへの転載は、引用を含めて、お断りします。ご協力に感謝いたします。
 【郵送宛先】 郵便番号104・8055 日刊スポーツ新聞社 編集局 後藤新弥

著者プロフィル
 後藤新弥(ごとう・しんや) 日刊スポーツ編集委員、58歳。ICU卒。記者時代は海外スポーツなどを担当。CS放送・朝日ニュースターでは「日刊ワイド・後藤新弥のスポーツ・online」(土曜深夜1時5分から1時間。日曜日の朝7時5分から再放送)なども。
 本紙連載コラム「DAYS’」でミズノ・スポーツライター賞受賞。趣味はシー・カヤック、100メートル走など。なお、次ページにプロフィル詳細を掲載しました。
【 詳細プロフィルへ

前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。