アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
野球タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 野球 > ニュース 


和田毅が好投!「勝てて良かった」/野球

<野球:日本11−2カナダ>◇25日◇3位決定戦

 打線が猛威を振るった3位決定戦の快勝を引き出したのは、5回まで2失点と野手に好リズムをもたらした先発和田毅(ダイエー)の好投だった。

 1次リーグのカナダ戦でも7回無失点。「長嶋ジャパン」の左腕エースは、責任を十分に果たした。「最後に勝てたのは良かった」とプロの意地を見せられた満足感を漂わせた。

 同じ23歳の松坂は1次リーグのキューバ戦で勝利投手となり、黒星は付いたが準決勝では8回途中13奪三振の力投。メダルなしだったシドニーの成績を上回り「4年間の思いをぶつけることはできた。銅メダル? 一生懸命やったことは分かってほしい」とさばさばとしていた。

 開幕戦勝利の後、1次リーグの台湾戦で先制本塁打を打たれた上原も「1球の重みを勉強させてもらった」と収穫を手にしたようだ。

 銅メダルにとどまったが、日本の投手陣は抜群の安定感を五輪舞台で示した。9試合で総失点23。防御率は2・36。「(和田毅、松坂、上原の)3本柱がきっちり機能してくれた。打線も含め、日本の戦う姿勢が感じられてきて…」−。大野投手コーチの目に涙がにじんでいた。

[2004/8/25/22:50]


【関連情報】
3位決定戦 日本vsカナダ戦詳報

 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム



前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。