アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
野球タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 野球 > ニュース 


城島「4番」の重責跳ね返す先制弾/野球

<野球:日本11−2カナダ>◇25日◇3位決定戦

 城島(ダイエー)は情熱をバットに込め、3安打4打点の活躍で日本を銅メダルに導いた。1回2死一塁。元近鉄のジョンソンが投じた2球目だった。シュート回転で甘く入った直球。打球は左中間に弧を描き、重苦しさを吹き飛ばす先制2ランとなった。

 金メダルを目標に掲げた「長嶋ジャパン」。4番の重さは計り知れない。正捕手としても上原、松坂ら球界屈指の好投手を生かすも殺すも城島次第。眠れずに胃がキリキリと痛む日が続いた。

 金メダルの夢が途絶えた24日のオーストラリア戦は、走者を2度置いた場面で凡退。「負けたのは自分の責任」。悔し涙を流したが、歩みを止めるわけにいかなかった。

 「僕は子どもたちの夢とか、メダル以上のものを背負って闘ってきた」。抜群の長打力と勝負強さと明るいキャラクター。データに偏らずに感性を重視したリードで従来の捕手のイメージを一新した。ファンの期待は絶対に裏切れなかった。

 五輪を夢見た時期があった。高校3年冬。最終的には王監督に口説かれてダイエー入りしたが、大学進学を志した理由のひとつが五輪だった。「誰一人として手を抜いた人間はいない。メダルの色は金と違うが、胸を張って帰ろうと思う」。プロ10年目で新たな勲章と大いなる自信をつかんだ。

[2004/8/25/22:45]


【関連情報】
3位決定戦 日本vsカナダ戦詳報

 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム



前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。