アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
野球タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 野球 > ニュース 


日本、豪州投手陣の前に散発5安打/野球

<野球:オーストラリア1−0日本>◇24日◇準決勝

 金メダルの道は閉ざされた。球場から引き揚げるナインの重い足取りが、目標を失った「長嶋ジャパン」を物語っていた。

 1次リーグではチーム打率3割2分9厘、13本塁打、49得点。すべて1位の数字を残してきた自慢の打線が、ウィリアムス(阪神)ら豪州投手陣に散発5安打に抑え込まれた。

 6回2死二塁の同点機で右飛に倒れた4番城島の目には涙が。「ダイスケ(松坂)を見殺しにしてしまった。いいゲームをしても、結果がついてこなければ」と時折、手で顔を覆った。

 中村は帽子のひさしに「金メダル」「気合」などと思いを書き込み、アテネ入りした。試合前も「さあ来たよ、4年前のリベンジの時が」と意気込んでいたが、4打数無安打2三振。「勝てなかったことは悔しいが、力は出した」。さばさばしていたが、むなしさはぬぐい切れない。宮本主将は「僕らはプロなんですから、最後まで責任を持って戦う」と、き然と語った。

[2004/8/24/22:26]


【関連情報】
野球準決勝 長嶋ジャパンvs豪州

 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム



前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。