アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
陸上タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 陸上 > ニュース 


末続、再起を約束「4年後を待ってて」

陸上男子100メートル2次予選5着で敗退した末続慎吾(共同)

<陸上>◇男子100メートル2次予選◇21日

 「ちょっと長いけど4年後を待っててください。この悔しさを忘れずに次に生かしたい」。陸上男子100メートルの2次予選で敗退し、世界の壁の厚さを痛感した末続慎吾(24)が、北京五輪での雪辱を誓った。

 出場した39人のうち5人が9秒台をマークするハイレベルの争い。末続はひざをあまり高く上げない「忍者走り」ともいわれる独特のスタイルで世界に挑んだが、2次予選で敗れ去った。

 1次予選では「待ちに待ったという感じ。すごい楽しい」と話していたが、2次予選を終え「完敗しました。相手が一枚も二枚も上。いかんせん相手が強かった。ただ、悔しまぎれではなく、スカッとする。(この結果について)言い訳できないから」とすっきりした表情だった。

 「でも、絶対白旗は挙げません。僕はこっからだと思う」と続けた。高野コーチも悔しさをにじませながら「高い授業料を払ったが、厳しさを痛感した」。強豪たちの走りに「このメンバーと走って初めて課題が分かる。こういう経験をして次に向かわないと」と再起を約束した。

[2004/8/22/12:24]

写真=陸上男子100メートル2次予選5着で敗退した末続慎吾(共同)



 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム



前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。