アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
陸上タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 陸上 > ニュース 


末続が会見「歴史に残る走りをしたい」

 アテネ五輪陸上男子100メートルで、1932年ロサンゼルス大会の吉岡隆徳(6位入賞)以来、日本人としては72年ぶりの決勝進出を目指す末続慎吾(24=ミズノ)らが19日、選手村で記者会見し、末続は「日本人として歴史に残る走りをしたい」と引き締めた表情に強い決意をにじませた。

 末続ら男子短距離チームは14日からフランクフルトで最終調整を行い、17日と18日の2便に分かれてアテネ入りした。同じく100メートルで決勝進出を狙う朝原宣治(大阪ガス)は「準決勝をしっかりと走り、決勝に残りたい。そこで勝負をしたい」と抱負を語った。

[2004/8/19/19:33]



 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム



前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。