アテネ五輪TOPページへ nikkansportscomホームへ



五輪TOPページへ

五輪サッカーページへ

五輪野球ページへ

五輪競泳ページへ

五輪陸上ページへ

五輪柔道ページへ

五輪日程&結果へ





  写真ニュース
  メダル獲得状況
  コラム一覧
  選手名鑑
  競技場ガイド
  紙面から
  nikkansports.com
陸上タイトル
 nikkansports.com > ATHENS2004 > 陸上 > ニュース 


末続ら出発「五輪の実感わいてきた」

直前合宿へ向け出発する男子陸上代表の末続慎吾選手(共同)

 アテネ五輪に出場する陸上の短距離陣らが14日午後、成田空港から直前合宿を行うドイツのフランクフルトに向け出発した。

 男子100メートルで日本選手として72年ぶりの決勝進出を目指す末続慎吾(24=ミズノ)は開会式の中継を見て「オリンピック開幕の実感がわいてきた。日本全体が応援していることを忘れず、楽しんでレースがしたい」と抱負を語った。

 同じく100メートル代表の朝原宣治(31=大阪ガス)は「個人ではファイナリストになることが目標。リレーはメダルを狙える」と、集大成の五輪に向けての意気込みを語った。

 同400メートル障害でメダル獲得を狙う為末大(26=APF)は「結果がすべて。とるべきものをとって帰りたい」と自信を示した。

[2004/8/14/13:05]

写真=直前合宿へ向け出発する男子陸上代表の末続慎吾選手(共同)



 ニュース一覧 記事バックナンバー 
種目別結果へ

五輪ピックアップ
あの感動をまるごと激写!
ロス抜き過去最多メダル!
後藤新弥のDAYS’
Dr.平石貴久のアテネを診る
広部玄のイケイケ
神話の街から
セルジオ越後辛口コラム



前のページへ戻る このページの先頭へ
五輪TOP | サッカー | 野球 | 競泳 | 陸上 | 柔道 | 日程&結果
写真ニュース | メダル獲得状況 | コラム一覧 | 選手名鑑 | 競技場ガイド | 紙面から
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。